反発性うつ病の種類を把握しよう【適切な治療を受ける】

サイトメニュー

短期間で変化する傾向

悩む人

不明な点は聞いてみること

ストレスの高い条件で生活を続けていると気分の落ち込みなどを経験することは珍しくありません。しかし、そのような状態が慢性化し意欲が喪失し趣味などへの関心も減退する状態が継続するとうつ病と診断されることがあります。うつ病は発症すると症状は3ケ月から1年程度経過することが多く、おおむね6ヶ月程度続くのが特徴です。ところがこの周期が2週間以下といった比較的短期間で繰り返す経過を見せる場合があります、それが反復性うつ病と呼ばれる病態です。反復性うつ病では短期間の間にめまぐるしく性格が変化することが珍しくないため、一定のペースで症状の傾向が見られる一般的なうつ病に比較すると日常生活の乱れが酷くなったり、生活が無秩序になるなどの特徴を呈することがあります。ところで気分の変化を見せる点では「双極性障害」にも類似する点を持っています。しかるに反復性うつ病では気分の高揚感や過活動性などが観察されることはなく、気分の極端な反復が観察されることもないことで区別されています。うつ病では平均40代で発症することがおおく、女性は男性の2倍の罹患率の高さを持つといわれています。これに対して反復性うつ病の患者の年齢層は若年層でも見られることを示唆するデータもあります。また生物学的異常が発症に関与する可能性も指摘されていて、甲状腺や副腎などのホルモン分泌異常との関係性があることが推測されています。診断二あたってのポイントは、少なくとも月に1回以上、月経周期に関係なく抑うつ症状が2-13日程度持続が連続する12ヶ月にわたって観察されること、とされているようです。気分が落ち込んだ気分が続いたり、意欲が喪失し絶望感に四六時中支配される、などの抑うつ症状はうつ病のサインです。抑うつ症状と比較的健常な気分との間を行きつ戻りつする場合は、反復性うつ病を疑うべきと言えます。主に治療を取扱うのは精神科になりますが、心理的抵抗感が強いという方も珍しくありません。また心療内科や神経内科など類似した心療科目が存在しているので、どの診療科目を掲げる病院やクリニックにかかればいいのか、良く分からないという場合もあるでしょう。皆目検討がつかなかったり、身近に適切な病院などが無い場合には、地元の保険所に相談してみるのも一つの集団です。ご本人で相談するのが億劫な場合でも家族や友人からの相談にも応じてくれるので気軽に相談することができます。また都道府県には必ず一箇所「精神保健福祉センター」が設置されています。文字通り心の問題を専門的に取扱っているので、治療につなげるためのより実践的な相談にも応じてくれるのがメリットです。ところで医療機関を選ぶときに注意すべきなのは、それぞれの病院で専門分野や得意分野に違いがあるということです。うつ病野中でも得意な経過を示す反復性うつ病については、一般のうつ病とは異なる部分もあります。医療機関によっては、生活支援を担当するソーシャルワーカーや、医師と並んで心の問題の話をきいえてくれるカウンセラーなど、各種の専門化が連携してチーム医療を提供するなどの取り組みを行なっている施設もあります。自分のあった診療を受けることができるかも、遠慮せず質問するのもおすすめです。

Copyright© 2018 反発性うつ病の種類を把握しよう【適切な治療を受ける】 All Rights Reserved.