反発性うつ病の種類を把握しよう【適切な治療を受ける】

サイトメニュー

ストレスの多い環境は危険

カウンセリングを受ける男性

主治医選びが重要

反復性うつ病は一度うつの症状が改善した後に2度3度と何度も症状をぶり返す病気です。もともとうつ病は一度発症すると再発をしやすい病気なので、多くの人が反復性うつ病を患っていると言われています。なぜ同じ症状を繰り返すのかというと、色々な原因が複雑に絡み合っているとはいえ、ストレスが大きくかかる環境に身を置いているためだと考えられています。うつ病の発症には環境だけでなく体質も関係していますが、一度でも発症をしたことがある人はすでにうつ病になりやすい体質をもっていると考えられるので、そういった体質の人は環境を整えてストレスが強くなり過ぎないように注意をしなくてはいけません。同じような生活をしていてもストレスのかかり具合には個人差があり、ストレスに強い人には平気なことでも、敏感な人にとっては耐えがたいように感じることも珍しくありません。環境の中にはどうしても避けられないものもあるかもしれませんが、少しでもストレスがかからないような対策を立てることで予防できるでしょう。この時に自分だけでは考えられないという時には病院を受診して、専門家の意見を聞きましょう。早めに受診することで客観的に症状を把握することができ、早期治療にもつながります。一度でもうつ病を発症したことがある人は自分がどのようなことにストレスを感じやすいのかを把握して、ストレスが強くかかっている恐れがある時には早めに病院を受診するようにします。そうすれば、対策をしたり薬を早めに飲み始めることができ、反復性うつ病を未然に防ぐことができるでしょう。反復性うつ病を発症した時には、今までにかかっていた主治医の診察を受けるようにしましょう。経過を詳しく知っている医師にかかることで、今までの治療経過を参考にしながら治療をすすめることができます。初めて診察を受ける医師にかかる時には、すでにうつ病を発症したことがある、どのような治療を行ってきたかなどを新しく主治医になる医師に伝えましょう。何度も受診している病院であれば初診料などがプラスされませんが、前の受診からも日にちがおおきくあいている時には初診料が再びかかることもあります。継続して通院をしているのであれば、初診料がかからないので治療費が多少安くなります。新しい医師にかかる時に紹介状が必要になると、数千円の出費になるので、そういった意味でも今までかかっていた病院を受診するほうがよけいな費用はかかりません。しかし、今までの治療に不満があったり、医師との相性が悪いと感じている時には、反復性うつ病を発症したことをきっかけに主治医を変えると言う方法もあります。反復性うつ病を発症してしまうのは医師の責任だけではありませんが、うつ病は医師と患者の相性がかなり重要です。同じような治療をすることになっても信頼関係が築けているほうが治療成績がよくなるでしょう。どんなに人気のある医師だったとしても自分には合わないと感じた時には、他の医師にかかることも検討してみましょう。その際には自分自身で今までの経過を詳しく説明できるのならば良いのですが、自信がないという時には紹介状を事前に書いてもらうと新しい医師も治療がやりやすくなります。

Copyright© 2018 反発性うつ病の種類を把握しよう【適切な治療を受ける】 All Rights Reserved.