反発性うつ病の種類を把握しよう【適切な治療を受ける】

サイトメニュー

季節性うつ病の原因

診察室

日光を浴びる重要性

反復性うつ病の一種に、季節性うつ病があります。それは冬季うつ病や夏季うつ病などが挙げられます。冬季うつ病は、冬の季節に発症するうつ病で、夏季うつ病は夏の梅雨の季節に発症する人が多いうつ病です。なぜ、冬の季節になると発症するのかといいますと、冬は筆耕が昇っている時間が短いため、精神が安定させられる栄養成分を十分に吸収することができないことから発症します。夏季うつ病も同じことが言えまして、梅雨の季節は晴れている日が少なくなるため、日光にあぶられる時間が少なくなり発症していきます。夏季うつ病になる人の中には、夏の季節以外でも曇りの日になればうつ的な症状が出てくることもあります。それは、冬季うつ病の場合は冬の季節が終われば、そして夏季うつ病の場合は梅雨の季節が終われば、ほとんど症状は改善されるため、病気を発症している人の中には病気と思わずに、一時的なものだと考えてしまうことがあります。しかもそれは意外と多く存在しているといいます。しかし、同じ季節がやってくると同じ症状が現れるため、反復性うつ病の1種とされています。なぜ日光を浴びる時間が少なくなると、うつ的な症状が出てきてしまうのかといいますと、日光には脳内に栄養成分を与える力があるためです。日光を浴びることによって、脳内神経伝達細胞の1種であるセロトニンを分泌させ、脳の働きを活性化させます。活性化させればストレスに強くなり、精神が安定していき症状が改善されていきます。日光を浴びる時間が長い人ほど精神を安定させることができるので、日光浴は人間の体にとても大切な栄養成分となります。反復性うつ病を発症し、症状が改善されずに苦しんでいる人は病院で治療を受けることもあります。当たり前とされていた日常を取り戻すために治療していき、改善されれば今度は再発をしないようにしなければなりません。反復性うつ病は再発する可能性もあるため、普段の生活習慣の過ごし方も考えていかなければなりません。どのように過ごしていくことが大切かといいますと、日光を浴びる時間を増やすことです。あまり夜遅くまで起きることなく、なるべく早寝早起きができるようにすることが大切です。しかし仕事や学業などの関係で、それがなかなかできないこともあります。その場合は、なるべく無駄に夜遅くまで起きないよう、用事を済ませることができればすぐに眠ることができるように、床に就くことが大事です。だらだらと起きてしまうことで朝早く起きることができなくなり、その結果不眠につながってしまうケースもあります。そして、朝早く目覚めることができれば、散歩をすることも良い方法です。日光の中でも特に朝日はセロトニンを分泌させる効果がとても強く、精神を安定させるためには良い栄養成分となるといわれています。だからといって、決して朝日でなければならないというわけではなく昼間の日の光を浴びることでも効果を引き出すことは可能です。ただ、日光の中では朝日が抜群に効果があるということです。ほんの10分日光を浴びる時間を増やすだけでも、体への変化が出てくるといわれています。しかし日光を浴びれば、日焼けをしてしまうのではないかと考える人もいまして、日光を浴びることを避けることもありますが、その場合は日傘をさしながら歩いても効果を引き出すことは可能といわれています。

Copyright© 2018 反発性うつ病の種類を把握しよう【適切な治療を受ける】 All Rights Reserved.